【検証動画あり】鍼って折れるの!?

先日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。
それは福岡ソフトバンクホークスの松本裕樹投手が腰の鍼治療で、鍼が折れて体内に残り埋没した鍼を除去手術したというものです。
松本投手には、一日も早いご回復を心からお祈りしております。

 

鍼の特徴

当院で使用している鍼は「ディスポーザブル鍼」というステンレス製のものです。
使い捨てタイプで使用後は廃棄するので、患者さんで使い回して使用することはありません。
また、生産している工場で製造過程で滅菌処理を行っている為、感染症などのリスクはほぼありません。
耐久性があり折れにくいのが特徴です。
衛生面以外でもクオリティが高く作られていますので患者さんに安心して勧めることができます。
今ではほとんどの鍼灸院で使用されていますが、ディスポーザブル鍼以外の鍼を使用している院もあります。

 

実際に曲げてみた(動画あり)

太さ0.16mm、長さ39mm(1番1寸3分)の鍼を曲げて折れるかやってみました。

 

どういった施術をしたのか、どういう状況で鍼が折れたのかなどは不明ですが、そう簡単に鍼は折れるものではありません。
我々鍼灸師としては、今後のガイドラインや治療過誤に深く関わってくる問題ではある為に、詳細に調査して情報を開示してほしいものです。